header_sp_s

PROGRAM

第二回 まさに奇祭!!シリーズ
『おまえとおれのストレンジオリンピア2020』
劇団 短距離男道ミサイル

宮城演劇
会場 [エリア]市役所エリア
[ベニュー]大階段
日程 2020年
5月2日(土)16:00
5月3日(日)15:00
5月4日(月)15:00
5月5日(火)13:00 / 17:00
作・演出
本田椋
出演
小濱昭博
神﨑祐輝
本田椋
市民参加俳優
料金 予約不要・観覧無料

第二回 まさに奇祭!!シリーズ
『おまえとおれのストレンジオリンピア2020』

夏が来る。影が立つ。あなたに会いたい―。
オリンピックイヤーとなる本年、どこよりも早く熱い戦いがやってくるッ!!
男道ミサイルとシゾーカの民(※公募参加者)が古代ギリシャのオリンピア大祭を完全再現!!??
激しくぶつかり合うムキ出しの裸体と裸体ッ!! ゆずれない想いと願いッ!!
飛び散る汗と涙とその他モロモロッ!! 限界を超えた戦いの果てに男たちはナニを見るッ!?
さぁ、戦士たちよ来たれ!かかと弾ませこの指とまれ!
これがッ!! おまえとおれの愛のオリンピアッ!!
アーーーーーーーーーーーーッ‼

劇団 短距離男道ミサイル

2011年4月、東日本大震災の直後に「仙台、東北、そして日本を笑顔にしたい」「なにか自分たちにできることはないだろうか」という想いの元、仙台の若手男性俳優(当時)によって結成。
東北の風土に磨かれた作品性を軸におき、各シーンの爆発力・瞬発力で勝負していくそれらの作品群は、“テンションとエモーションにおいて世界レベル”と評される。全国で活動を展開するとともに、地域へのアウトリーチ事業にも積極的に取り組む。
2018年3月には、「若手演出家コンクール2017」にて『走れタカシ~僕が福島まで走った理由(わけ)~』が、最優秀賞・観客賞をW受賞。