header_sp_s

CONCEPT

静岡でしか見られない。
静岡でしかありえない。

演劇・ダンスでまちを劇場にする、
ここからはじまる日本のストリートシアターフェス

いつもの街を劇場に変える、演劇とダンスなどが街にあふれ出るストリートシアターの祭典。
全国各地や海外から気鋭のアーティストたちが静岡に一堂に集結し、
ここでしか観ることのできないパフォーマンスを繰り広げます。
驚きも、笑いも、感動も、オープンエアーな環境だからこそ得られる体験を提供します。

街の中で演劇やダンスが行われることが一体何を生むのでしょうか?
劇場という密室空間から外に飛び出した「人力アート」は、街の中でいったいどういう火花を散らすのでしょう。
その答えがわかってこのフェスをやっているわけではありません。
このフェスはあくまでも「設問」です。
いったいなにが起こるのだろう?
今まで混ぜあわせたことのないものを混ぜたときにどういう反応がうまれるのだろう。
それを見つけ、楽しむのがこのフェスの存在意義です。
誰もやったことのない、見たことないものを見ようとしています。
静岡という街で、その社会実験が行われます。
今年は例年以上に、実験と呼ぶにふさわしいチャレンジングで、冒険心にあふれた演目を用意しました。
ここだけでしか見られない作品、見るという行為では終わらない作品が多数やってきます。
「答え」を一緒に見つけましょう。お待ちしています。

フェスティバル・ディレクター
ウォーリー木下

ストレンジシード静岡2020

日程
2020年5月2日(土)〜5日(火・祝)
会場
駿府城公園、静岡市役所・葵区役所、常磐公園など静岡市内
料金
予約不要・観覧無料 ※一部予約制の場合あり
参加予定アーティスト




フェスティバルディレクター:ウォーリー木下
プログラムディレクター:若林康人
ジェネラルマネージャー:佐和ぐりこ
テクニカルマネージャー:大石宣広
運営・制作:高橋ゆうき、菅井一輝、菅沼新太、蔭山ひさ枝、岡崎彩音、谷口裕子
アートディレクター:山口良太
スタッフ:草野冴月、ゆみた
コンセプター:甲賀雅章

イラスト:しりあがり寿

主催:静岡市
共催:SPAC-静岡県舞台芸術センター
令和元年度国際文化芸術発信拠点形成事業

キャラクター

chara

静岡出身の漫画家・しりあがり寿氏が手がけたストレンジシード静岡のシンボルキャラクター「おたねちゃん」です。静岡市街にまかれたアートの種が芽を出して、根を張って街に根付いて実っていくことを願って、成長して行きます!

しりあがり寿

1958年静岡市生まれ。1981年多摩美術大学グラフィックデザイン専攻卒業後キリンビール株式会社に入社し、パッケージデザイン、広告宣伝等を担当。1985年単行本『エレキな春』で漫画家としてデビュー。パロディーを中心にした新しいタイプのギャグマンガ家として注目を浴びる。1994年独立後は、幻想的あるいは文学的な作品など次々に発表、新聞の風刺4コママンガから長編ストーリーマンガ、アンダーグラウンドマンガなど様々なジャンルで独自な活動を続ける一方、近年では映像、アートなどマンガ以外の多方面に創作の幅を広げている。

ディレクター

ウォーリー木下

1993年、神戸大学在学中に劇団☆世界一団を結成。現在はsunday(劇団☆世界一団を改称)の代表で、全ての作品の作・演出を担当。戯曲家・演出家として外部公演も数多く手がける。他にも演劇祭のプロデュース(OSPF/大阪ショートプレイフェスティバル、PLAYPARK、多摩1キロフェス)もつとめる。またノンバーバル(無言劇)パフォーマンス集団・The Original Tempoのプロデュース・演出を行い、最近では海外からも注目を集めつつある(2005年・韓国/春川国際演劇祭招聘・台湾/台北芸術村招聘、08年・エジンバラ演劇祭、09年6月シンガポール/Esplanade Theater シンガポールアーツフェス招聘、8月ロンドンBAC コメディフェス招聘、およびエジンバラ演劇祭に全日程参加)。近年ではハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」、ミュージカル「リューン〜風の魔法と滅びの剣」、「MANGA Performance W3」など、様々な分野で演出家として活躍中。